セキュリティ基本方針

当社は、情報システムの開発コンサルティング、開発業務、運用業務など活動を軸にしたIT事業を展開する企業として、情報セキュリティを事業活動の最重要事項と位置付けるとともに、IT企業として社会的責任を果たす最良のセキュリティを積極的に実現していくことをお約束します。

ステークホルダーへの決意表明
  1. お客様に対して
    私たちは、情報システムのプロフェッショナルとして、常に情報セキュリティ能力の向上に努め、お客様にとって信頼性の高い情報システム関連サービスを提供します。
  2. 社会に対して
    私たちは、法令等の尊守に加え、情報セキュリティ技術の開発、先進的な情報セキュリティへの取り組みの実践を通じて、積極的な社会貢献に努めます。
  3. ビジネスパートナーに対して
    私たちは、情報セキュリティの実現に向けて、当社の事業活動を支えるビジネスパートナーと相互に協力し合える信頼関係を築きます。
  4. 社員に対して
    私たちは、全社員一丸となって情報セキュリティ実践に取り組むために、社員一人一人がお互いに協力し合い、それを実現できる環境を改善し整備します。
  5. マネジメントシステムの改善
    情報セキュリティマネジメントシステムは、トップマネジメントまでを含めた定期的な見直し改善を継続し、新たに発生する脅威に対しても迅速かつ的確に対応します。本方針は全社員に周知徹底させるとともに、当社ホームページ上に公開します。

 

2008年4月1日
株式会社フロンテス
代表取締役 舟崎 信義