継続的インテグレーション連携(Jenkins)

継続的インテグレーションツール「 Jenkins」は、プログラムのソース修正があれば、ビルド、インスペクション、デプロイ、テストの一連の処理を継続的に自動実行するツールです。 テストの段階ではSTAR-Liteに連携し、ソース修正のあった機能について機能テストを自動実行します。

連携の仕組み
  1. 「STAR-LiteのTST」をJenkinsのジョブとしてコマンドラインで実行できるように設定しておきます。
  2. 「STAR-LiteのTAD」でテストスクリプト作成し、TSTを稼働させるクライアントPCにダウンロードしておきます。
  3. ①~③:Jenkinsのジョブとして設定されたTSTに、テストスクリプトを渡して負荷テストを実行します。
    ④:TSTは、テストスクリプトのテスト実行結果として、OK or NG or 中断エラーコードを返します。
JenkinsとTSTの処理の流れ