データ登録画面にて、データを登録した後に検証ロジックを登録します。

  1. 表示されたデータの「検/補」欄に検証Noを設定します。
  2. 「検/補」ボタンをクリックして「検証コマンド/補助操作登録」画面を開くと、設定した検証Noの行にデフォルトの検証コマンドが表示されます。
  3. 表示されている検証コマンドの行を選択して、「追加」ボタンをクリックすると、選択行の下に検証コマンドが複製されます。
  4. 複製した検証コマンドを選択して「変更」ボタンをクリックし「検証コマンド設定」または「補助操作設定」ボタンをクリックして検証コマンドまたは補助操作を選択行に登録します。
  5. 「反映」ボタンをクリックすると登録されます。

第三マーケティング部

第三マーケティング部ウェブ編集課

投稿者プロフィール

当社のホームページの編集を担当しています。製品・サービスのリリースや各種記事をタイムリーに掲載するようにしていますが、時差が生ずる場合があることをご了承願います。また、ツイッターやフェイスブックなどもアップしていますのでご覧ください。

この著者の最新の記事

関連記事