• 製品
  • 開発経緯
  • 導入メリット
  • 全体図

STAR-RPA
  1. STAR-RPAはSTAR製品の総称です。STAR製品として、STAR-ATTとSTAR-Lite があります。STAR-ATTは、市販のテスト自動化ツールに連携して自動テストを稼働し、 STAR-Liteは、OSSのSeleniumに連携して自動テストが稼働します。
    ※ STAR : Systematic Test&Assess for Risk Management
    ※ RPA : Robotic Process Automation
  2. テスト仕様書作成から、テスト自動化、負荷テスト、継続的インテグレーション、 テスト管理まで、 自社開発製品が各種OSSと連携して稼働する仕組みを提供します。
  3. 大量のテストケースを作成してテスト自動実行し、 テスト管理する機能を高い生産性で実現します。
  4. 小規模のシステムでも、テスト工程の標準化・自動化・省力化を実現できます。
  5. リーズナブルな料金体系であり、どんな規模のシステム開発でも利用効果を発揮します。
  6. お客様の取組方を前提として、高い品質と生産性をコミットします。
STAR-RPAの開発経緯

会社設立以来、次の通りテスト関連ビジネスを中心に事業を展開してきました。

  • 設立当初のビジネスは、 テスト・コンサルティングやテスト受託でした。 この時期では、市販のテスト自動化ツールを使用していました。
  • 市販のテスト自動化ツールにはいくつかの問題があり、効率化に繋がらないケースがあったため、 当社自社開発のSTAR製品の「TST機能」を開発しました。
  • 市販のテスト自動化ツールにはいくつかの問題があり、効率化に繋がらないケースがあったため、 当社自社開発のSTAR製品の「TST機能」を開発しました。 TST機能はEXCELフォームにテストスクリプトを登録し、そのテストスクリプトを読み込んで 自動テストを実行する機能です。
  • 次に、お客様から「もっと自動化を進めてほしい。」 とのご要望があり、テストスクリプトを 作成する工程を自動化する仕組み「TAD機能」を開発しました。
  • 市販の機能テストツール、UFTやTP(ともにマイクロフォーカス社製)に連携して機能テストを 実行するSTAR-ATTを開発しました。
  • 次に、Selenium(OSS機能テストツール)に連携して機能テストを実行するSTAR-Liteを 開発しました。
  • 市販の機能テストツール、UFTやTP(ともにマイクロフォーカス社製)に 連携して機能テストを 実行するSTAR-ATTを開発しました。
  • STAR-Liteに、JMeter (OSS負荷テストツール)に連携するツール、 Jenkins(OSS継続的インテグレーションツール)に連携するツールを開発しました。
  • 最近の開発ツールは以下の通りです。
    1. テスト仕様書作成
    2. テスト管理
    3. Appium連携してWindows、Android、IOSのアプリケーションの機能テストツール
STAR-RPAの導入メリット
  • テスト情報(画面,操作,データ,シナリオ,他)やテスト結果の管理ができます。
  • 開発チームがPG製造作業をしている間に、テストチームはテストスクリプトを作成できます。
  • 技術者がSeleniumなどの自動テストツールを習得しなくても、自動テストを実行できます。
  • 本格的にテスト自動化を推進でき、システムの品質向上と工数削減を実現できます。
 
 
製品の全体像

STRA-RPAはテスト情報(画面,操作,データ,シナリオ,他)を取り込んでテストリポジトリに集積し、 テストリポジトリから自動生成するテストスクリプトを使い、 OSS(Open Source Software)または、市販のテスト自動化ツールに連携して各種自動テストを実行できるツールです。

全体図
 
作業フロー