製品の狙い

テスト自動化4つの狙い

  • 設計情報の自動取込
    ・設計情報の自動取込により、テスト情報の作成を省力化します。
    ・設計変更時には、設計情報を再取り込みしテスト情報に自動反映します。
    ※ 設計変更があっても、テストスクリプトの修正作業は不要です。
  • テストスクリプトの作成をシステム化
    ・設計情報とテスト仕様から、テスト情報を作成する工程をシステム化しました。
    ・画面操作をせずに、テスト情報からテストスクリプト(EDS)を自動作成できます。
    ※ 画面操作をしてテストスクリプトを作成する作業が不要になります。
  • テストを自動実行
    ・自動作成されたテストスクリプト(EDS)を使い、自動テストを実行できます。
    ・システム保守時のテストでは、保守部分のテスト情報を改修するだけでシステム
     全体のテストを実施できます。
    ※ テスト情報をテスト資産とし、テスト資産の維持を可能にします。
  • 現実的な価格のテスト自動化ツール
    ・Selenium(OSS:機能テストツール)やJMeter(OSS:負荷テストツール)を活用し、
     低料金のテスト自動化ツールをご提供します。

テスト情報 : 画面、操作、テストデータ、検証ロジック、シナリオなど
テスト仕様 : テスト項目、テストケース、テストシナリオなど

STAR-Lite活用のメリット

1) テスト情報やテスト結果の履歴管理ができます。
2) 開発チームがPG製造作業をしている間に、テストチームはテストスクリプトを作成できます。
3) 技術者がSeleniumなどの自動テストツールを習得しなくても、自動テストを実行できます。
4) 本格的にテスト自動化を推進でき、システムの品質向上と工数削減を実現できます。

テスト方法の比較