派遣職種と費用

派遣職種と料金

 弊社の登録スタッフの実務経験は、基本2年以上としています。また、SPI・一般常識テストをはじめ、端末入力やオペレーティングテスト(Word、Excel、PowerPoint)、工具を使用した実務テストなど、スタッフ登録時に職種にあわせたスキルチェックを行っています。スキルや派遣人数、派遣期間等によって料金(1時間あたりの基本時給)が異なりますので、まずはご相談ください。

派遣職種 料金
(時間あたりの基本時給)
IT関連業務
ソフトウェア開発技術者(オープン系、組込系、汎用機系)、システムテスト技術者、システム運用管理者
3,000円 ~
広告・印刷関連業務
DTPデザイナー、Webデザイナー、制作オペレーター、ディレクター、編集・進行管理、校正・校閲
1,800円 ~
機械の設計開発、組立・メンテナンス業務
機械開発技術者、一般機械器具組立・メンテナンス技術者、電気機械器具組立・メンテナンス技術者、サーバメンテナンス技術者
2,200円 ~
インストラクション関連業務
OA各種の技術指導、機器関連の技術指導、コンサルティング
※ 要相談
一般職 (営業・事務) 関連業務
営業職、事務用機器操作、入力オペレーター、総務・人事事務、電話応接事務、労務管理、経理、他

※ 遠隔地への派遣の場合、別途出張料金、交通費、宿泊費等がかかる場合がございます。
※ 上記の1時間あたりの基本時給は実働7時間以上勤務した場合の料金です。
※ 休憩時間は実働時間に含まれません。

時間経過による割合率

 「就業時間」は労働基準法第36条で定められた時間(8h以内)になります。就業時間内は「基本時給」になりますが、規定時間(8h)を越えた場合「超過勤務」として25%分割増し(基本時給の1.25倍)になります。また、22:00~翌5:00の間は「深夜勤務」として25%分割増し(基本時給の1.25倍)になります。「超過勤務」と「深夜勤務」が重なると50%割増し(基本時給の1.5倍)になります。
 また「休日勤務」は、法定休日(または、派遣先カレンダーに準ずる)に出勤した場合、35%割増し(基本時給の1.35倍)になり「超過勤務」や「深夜勤務」が重なると最大85%割増し(基本時給の1.85倍)になります。かなり割高になりますので、お客様で勤務時間についてのやりくりは、よくお考えください。

ピックアップ

  1. 登録されている記事はございません。