STAR-Lite V1.8をリリースしました。

「STAR-Lite V1.8」の追加機能とメリット
  1. OFDによる画面情報の取得機能に、オブジェクトを個別に取得できる
    ポインタ機能を追加しました。
  2. テストシナリオ間でデータをやり取りできるBuffer数を512にし、
    Buffer演算機能を追加しました。
  3. TSTにテスト結果参照機能を追加し、ログ、ショット、入力情報を
    ボタン押下で参照可能になりました。

第三マーケティング部

第三マーケティング部ウェブ編集課

投稿者プロフィール

第三マーケティング部は当社のホームページの編集を担当しています。主に製品のリリース情報や会員ページの製品のアップロード、サービス(人材派遣含む)等のニュースを投稿しています。また、今後ツイッターやフェイスブックなどの外部SNSの利用も検討しています。

この著者の最新の記事

関連記事