STAR-Product

STAR-Product

テスト自動化で、こんな疑問やお困りはありませんか。

  • テスト自動化ツールで、本当に効果が上がるのだろうか。
    手操作でテストを実行した方が、多くのテスト者を使うことになるが工数が少なくて済むのではないか。
  • テスト自動化ツールを使用するときに、何か問題にぶつかると迅速な指導と支援が受けられなければ困る。
    問題解決に時間がかかったり、解決できず行き詰まったりする危険性があってはならない。
  • テストチーム全体でツールを使うとなると、ツール費用が高いために予算的に無理では?
  • 最近のシステム開発では仕様変更が多発するケースが多いが、
    そのような場合に工数が掛けずに容易に対応できるのだろうか。
  • テストスクリプトを作成する方法は、大方のツールでは画面操作をして作成することになっている。
    アプリケーションの開発が遅れたら、テストスクリプトの作成も全く進まないことになる。
  • テスト結果が正しいか確認するための検証方法が難しい手順になるようでは困る。
  • 設計資料があるのだから、そこからテストに必要な情報を自動収集して自動化できないのだろうか。
  • 一度テストを実行した時のテスト仕様やテストデータを資産化して、保守時のテストで確実に再利用できるようにしたい。

テスト自動化ツール「STAR製品」の構成図

図解

  • STAR製品として、STAR-ATTとSTAR-Liteをご提供しています。
  • STAR-ATTは、機能テストツ-ル「UFT」、「TP」に連携する機能テストツールです。
  • STAR-Liteは、Selenium(Open Source Software)に連携するツールです。
  • STAR-Liteは、負荷テストツール「JMeter」に連携して、負荷テストも実行できます。
  • STAR-Liteは、継続的インテグレーションツール「Jenkins」に連携して、
    ビルド、インスペクション、 デプロイ、テストなどを継続実行できます。

テスト自動化ツール「STAR製品」の特徴

  • テストリポジトリの作成1) テスト情報(画面、操作、データ、シナリオ)をテストリポジトリに一元管理します。

    2) テストリポジトリに登録されたテスト情報をテスト資産とします。

  • 設計情報の自動取込1) 設計情報からテスト情報を作成し、テストリポジトリに登録します。

    2) 仕様追加・変更が発生した時には、更新した設計情報を取り込み、テスト情報を自動更新します。

  • テスト情報、テストスクリプトの作成をシステム化 1) 取り込んだ設計情報からテスト情報を作成する工程をシステム化しています。

    2) 登録されたテスト情報からテストスクリプトを自動生成します。

  • テスト自動実行1) 自動生成されたテストスクリプトによって、自動テストが実行されます。

    2) システム保守時に、全てのテストスクリプトを自動生成してシステム全体のテストを実施できます。

  • 安価なテスト自動化ツール1) STAR-Lite はSeleniumやJMeterなどのOSSに連携するツールであり、低料金です。

テスト自動化ツール「STAR」の活用事例

 

業 種 シ ス テ ム 名 特 徴
警備会社 資金管理システム
テストチームが要件定義フェーズから
参画する効果
■ 作業内容警備会社が管理するATM(現金自動預払機)に現金を充填または回収する資金管理業務において、
テストチームは要件定義フェーズから参画し、設計・製造フェーズではテスト計画書作成、
テスト仕様書作成、STAR用テストスクリプト作成の作業を並行的に進め、
開発チームからプログラムが上がってくると、機能テストおよびビジネスフローテストの
自動テストを実施し開発チームにテスト結果をフィードバックしました。

 

■ 効 果開発チームの設計・製造と並行して、テストチームが設計書を精読してテスト仕様書を作成するため、
設計書に間違い、漏れ、曖昧表現が大方なくなりました。
また、テストチームはテスト仕様書からSTAR用テストスクリプト作成して自動テストを実施しましたので、
開発チーにテスト結果が迅速にフィードバックされプログラムの改修作業が順調に進みました。

保険会社経費申請・精算システム

複数PCによる迅速なデグレードテストと
並行テストによってシステムの信頼性向上
■ 作業内容経費申請・精算システムの再構築において、テストチームは設計・製造フェーズから参画し、
機能テスト、デグレードテスト用のSTAR用テストスクリプトを作成し自動テストを実施しました。
また現行システムの取引データやマスターから並行テスト用のSTAR用テストスクリプトを
作成する仕組みを開発し、1ヶ月間毎日STAR用テストスクリプトを作成し
並行テストの自動テストを実施しました。

 

■ 効 果システムテストフェーズにおけるデグレード防止のために、改修したプログラムを登録する前に、
複数台のPCを活用した迅速なデグレードテストを自動テストで実施することによって、
デグレードのないシステムをシステムテスト環境にアップでき、ユーザにシステムがデグレードせず
着実に改善される様子を確認いただけ、開発システムに対して信頼を持っていただけました。
また、1ヶ月間毎日 自動化された並行テストが実施され、現行システムと
相違しない結果になることを確認いただけましたので、予定通り稼働開始いただきました。

製薬会社生産・販売管理システム

テストチームと開発チームが離れた作業場所で、
共有サーバとSVNを活用した自動テスト
■ 作業内容テストチームは要件定義フェーズから参画し、設計・製造フェーズにおいてテスト計画書作成、
テスト仕様書作成、STAR用テストスクリプト作成の作業を行いました。
開発チームからテストチームに共有サーバに開発プログラムをアップした連絡(SVN活用)があれば、
テストチームは即自動テストを実行してテスト結果を共有サーバにアップしました。

 

■ 効 果開発チームとテストチームは離れた場所で作業を実施していましたが、共有サーバを経由してテスト依頼、
テスト結果フォードバックが迅速に実施できました。
複雑で多様な業務を処理するシステムでしたが、開発とテストのサイクルが早くなり
システムの完成スピードを上げることができました。

保険会社新契約・査定システム

ワークフローシステムを
デシジョンテーブルで分析して自動テスト
■ 作業内容テストチームとして参画した時期は、開発チームは設計作業が終了し製造作業が進んでいる時期でした。
設計資料を参照しながらビジネスフローテストのテスト仕様書を作成し、
その後に、テスト仕様書の内容をテストリポジトリに登録、STAR用テストスクリプトの生成、
自動テストの実施の順で作業を進めました。
新契約の種類によって多様な査定方法と処理の流れがあるワークフローシステムであり、
テスト仕様書を作成する段階で、緻密なデシジョンテーブルや処理フローを作成して
業務を分析した後にテスト仕様書を作成しました。

 

■ 効 果システムテスト段階において数多くのテストシナリオが流されることになりましたが、
STARによる自動テストによって多様な査定方法と処理の流れが迅速にテストされことによって、
システムの機能チェックとプログラムの改修の円滑なサイクルが実現され、
当初不安視されていた開発スケジュールを遵守することができました。

保険会社代理店システム

ホストシステムのテストを、
電文作成システムを活用して自動テスト
■ 作業内容テスト対象システムは、多くのホスト機活用のシステムと同様に、
業務処理はオープン系ハブシステムで処理され、マスター系処理はホストシステムで処理されていました。
テストチームは本件ではマスター系処理を担当する開発チームのテスト作業を支援しました。
テストチームのプロジェクト参画時にはハブシステムは他チームが開発中のためハブシステムから
取引データを入力できませんので、電文作成システムでホスト機に電文を送付して
処理結果を受信する仕組みのシステムにてホスト機処理のテストをSTAR用テストスクリプトを
作成して実施しました。

 

■ 効 果ハブシステムが完成していない時期に、ホスト機処理のテストを自動テストで実施することができましたので、
ハブシステムが完成しハブシステムとホストシステムの連携するビジネスフローテストが
開始された際にはホスト機処理においてほとんど不具合がなく、
ハブシステムのテストが円滑に実施できたとの情報をいただきました。

販売会社人事評価システム

テスト対象を手操作テストと自動テストに
分類してテスト作業の効率化
■ 作業内容販売会社において検討されてきた人事評価方法改定の決定時期が遅れ、
これに対応するシステムの開発の期間が短くなったため、テストチームは
システム全体のテスト作業を短期間で迅速に実施することを依頼されました。
テスト対象システムは大勢の職員を対象とした多様な職種、
雇用形態をもつシステムであり、自己申告、一次・二次評価、考課の手順で処理されるシステムでした。
テスト仕様書を作成し、STAR用テストスクリプト作成して自動テストする対象と
手操作でテストする対象を分類して効率的なテスト作業を実施しました。

 

■ 効 果繰り返しテストする必要がないテスト対象は手操作でテストすることとし、
業務が複雑で繰り返しテストが必要となるテスト対象は自動テストすることとして
テスト作業を進めました。テスト作業中に仕様変更が少なく、
開発されてきたシステムの完成度も比較的高く、
また自動テストにより複雑な処理が効率的にテストが進みましたので、
当初は期間的に厳しいと予測されシステムの一部の完成時期を遅らせることも計画されていましたが、
短期間でテスト作業を完了することができました。

物流会社物流システム

仕様変更対応はテストリポジトリ更新で
手間がかからない
■ 作業内容受注、仕入、納品、請求、管理業務(在庫、売掛、買掛、顧客、商品、仕入先など)の一連の
物流業務を含むシステムにおいて、テストチームは設計フェーズから参画し、テスト計画書作成、
テストシナリオ作成、テストリポジトリ登録の作業を行い、プログラム製造の完了を待っている状態になり、
完成次第迅速に自動テストを実行しました。
製造フェーズにおいて仕様変更が多数発生しましたが、
テストチームは当初登録したテストリポジトリを更新することで対応できました。

 

■ 効 果テストチームは当初の設計資料にしたがってテストリポジトリにテスト情報を登録していましたので、
仕様変更後の設計資料(画面情報など)を再取込することによってテストリポジトリ内の
テスト情報を更新することができ、更新されたテスト情報からSTARテストスクリプトを生成しました。
仕様変更があってもSTARテストスクリプトを直接改修する必要がなく、
多くの工数を掛けずに生成されたSTARテストスクリプトを使って自動テストを実行することができました。