STAR-RPAをリリース

「 STAR-RPA 」の検証機能
  1. 検証機能の基本的な機能は、データ登録画面の検証ロジック_補助操作登録画面にて、操作実行時に稼働する個別検証ロジックを登録することができます。
  2. 多数の検証を実施する場合には、個別に検証ロジックを登録する作業では、作業負担が重いため、複数の項目を同時に検証できる次のコマンドを用意しました。
  3. MultiCOMPコマンド
    画面上に表示される大量の検証対象データが存在する場合、画面上に表示されたデータを期待値として、テストリポジトリに自動保存してくれます。自動テスト実行時に画面上に表示されたデータと期待値として保存したデータの自動照合が実施されます。
  4. TableCOMPコマンド
    画面上のテーブルを照合するために、最初にテーブル出力したデータを期待値としてテストリポジトリに自動保存します。 自動テスト実行時にテーブル出力したデータと期待値として保存したデータの自動照合が実施されます。
  5. PDFCOMPコマンド
    印刷出力の結果を照合するために、最初にPDF出力したデータを期待値としてテストリポジトリに自動保存します。 自動テスト実行時にPDF出力したデータと期待値として保存したデータの自動照合が実施されます。
  6. CSVCOMPコマンド
    CSV出力の結果を照合するために、最初にCSV出力したデータを期待値としてテストリポジトリに自動保存します。自動テスト実行時にCSV出力したデータと期待値として保存したデータの自動照合が実施されます。
  7. MDBCOMPコマンド
    DBテーブルを照合するために、最初にDBテーブルのデータを期待値としてテストリポジトリに自動保存します。自動テスト実行時にDBテーブル出力したデータと期待値として保存したデータの自動照合が実施されます。

第三マーケティング部

第三マーケティング部ウェブ編集課

投稿者プロフィール

第三マーケティング部は当社のホームページの編集を担当しています。主に製品のリリース情報や会員ページの製品のアップロード、サービス(人材派遣含む)等のニュースを投稿しています。また、今後ツイッターやフェイスブックなどの外部SNSの利用も検討しています。

この著者の最新の記事

関連記事